喫煙による健康障害

たばこの煙には400以上の化学物質が含まれ、そのうち中でもタール・ニコチン・一酸化炭素はたばこの3大有害物と呼ばれています。

タールには発がん物質や発がん促進物質が含まれ、一酸化炭素には動脈硬化を促進させる作用があるといわれています。

症状としてもっとも現れ易いのが「呼吸器系」の症状で、喫煙により、慢性気管支炎・肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患の危険が増大し、肺機能検査により閉塞性障害の頻度が高い事が観察されています。そしてもう一つ、循環器系の疾患も喫煙により起こり易い疾患と言えるのではないでしょうか。喫煙することにより、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、大動脈瘤、末梢血管閉塞症(閉塞性動脈硬化、バージャー病)、脳血栓、クモ膜下出血など、全身の動脈硬化により閉塞や血塊が起こります。虚血性心疾患は喫煙だけでなく、高血圧や高脂血症が加わると危険因子は相乗的に高まります。

また女性の喫煙者になると女性の性機能にも影響します。女性の喫煙者は、非喫煙者に比べ不妊になり易く、閉経も早い為、更年期障害も早く訪れることになります。

その他に喫煙により、胃・十二指腸潰瘍、口腔粘膜の角化および色素沈着、慢性萎縮性胃炎、肝硬変、クローン病などの危険が増大します。また、歯槽膿漏や歯周炎などの歯周病になりやすくなります。この他、脳萎縮、白内障、難聴、味覚・臭覚の低下、骨粗鬆症、体液性免疫の低下、老化の促進などもみられます。

子供がたばこを早いうちから吸うことにより、ニコチン依存症になりやすく、意志が弱く喫煙しにくくなります。喫煙からやがてシンナーや覚醒剤などのドラックに興味を持ったりします。吸う年齢が早ければ早いほど、「がん」や「心臓病」などにかかりやすくなります。

タバコ煙に含まれるニコチンは副腎皮質を刺激してカテコラミンを遊離し、交感神経系を刺激して末梢血管の収縮と血圧上昇、心拍数の増加をきたします。また強力な血管収縮および気管支収縮作用を有するトロンボキサンA2の遊離作用も有します。タバコ主流煙には一酸化炭素が4%(重量%)程度含まれており血液中のヘモグロビンと強固に結合して(酸素の約250倍)慢性の酸素欠乏状態を引き起こします。タバコ煙はコレステロールの変性を促進し、血管内皮を障害するとともにHDLコレステロールを減少させ、動脈硬化を促進します。これが一酸化炭素による酸素欠乏や血管異常収縮とも相まって循環器疾患のリスクを増大させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です