タバコを吸うことは「人体にどんな影響があるのか?」「どんな病気を引き起こすのか?」をご存知ますか?日本人の三大死因はガン、心疾患、脳血管疾患というものです。さまざまな要因によってこれらの病気は発症しますが、どれもタバコを吸うことによって確実にリスクが高くなります。タバコを吸うことは本人だけでなく、周りの人も病気になる率も高くなります。ここでは、知っていない人に喫煙リスクを説明いたします。

タバコを吸い続けるとまず呼吸器系疾患から、さまざまな病気に引き起こすリスクが高くなります。タバコを吸う機会が多いほど煙に含まれる有害物質が肺に積み重ねていきます。タバコの煙を吸い続けるとこの肺胞にタールなどの有害物質が積み重ねるし、次第に肺胞は破壊されていき肺の機能はどんどん低下していきます。 また一度破壊された肺胞は現代の医学でも元には戻ることが不可能です。肺は慢性的に炎症を引き起こしていると繊維化といって固くなり、やがて肺ガンなどになるとされます。また肺胞に蓄積されたタールなどの有害物質は毛細血管より血液中に取り込まれて全身を巡り、肺だけではなく全身にダメージを与えて、さまざまな病気のリスクを高めます。更に、タバコを吸い続ける人とタバコを吸わない人との余命に大きな差があります。

または、タバコを吸うことは本人だけの問題ではなく周りにいる大切な人の健康や寿命にも悪影響を与えてしまう可能性もあることが事実です。タバコの煙は主流煙、副流煙と呼出煙などの3種類があります。主流煙とは喫煙者がタバコから直接吸い込む煙のことです。副流煙はタバコの火のついているところから立ち上る煙のことで、主流煙よりも有害物質が多いと言われるものです。呼出煙はタバコを吸った後の呼気から徐々に放出され、空気中に拡散すると言うことです。つまり、タバコを吸う本人より、受動喫煙者の健康リスクはもっと高いことが実証されています。それでも、タバコを吸いますか?禁煙することは、自分の健康のためにだけでなく、周りの大切の人の健康に必要があります。今からでも遅くないです。