禁煙で得られる効果

禁煙を始めてみたけど、禁断症状が辛くて心が折れそう…

タバコをやめたいんだけど禁煙を続けるだけのモチベーションが保てるか自信がない…

しかし、1日に何本何箱吸ってこようが、ウン十年吸ってこようが、タバコをやめれば必ずメリットはあるのです。

ここでは禁煙で得られるの効果についてお伝えします。タバコをやめるといいことばっかりなんです。時系列でわかる禁煙の効果、順番に見ていきましょう。

◎禁煙開始直後~1分後

タバコを吸い終えた瞬間から、体は喫煙による変化を元に戻そうと動き始めます。

様々な有害物質がもたらした被害からの回復が、この時点ですでにはじまっているのです。

同時にタバコの副流煙による周りへの被害が終わります。

副流煙には主流煙と比べて有害物質の量が増加し、多いものでは50倍程度含まれています。禁煙を始めるという事がこの副流煙による家族や恋人、友人への被害を終わらせるという事です。

◎禁煙を始めて20分後

ニコチンによって収縮していた血管が元に戻り、血圧・脈拍が正常化を始め、体温も元に戻ります。20~30分後は喫煙によって収縮していた血管が元に戻り、ようやく手足の血行がよくなってくる頃です。

ところが、体はニコチンを求め始め、人によってはもうイライラするなどの症状がでてくる場合も。

◎禁煙から8時間

血液中の一酸化酸素濃度が正常化し、酸素濃度が正常に上がります。呼吸器系の改善がみられます。喫煙によって低下していた運動能力が回復を始めるのも禁煙開始8時間からです。しかし喫煙したいという思いから、禁煙の効果を感じるのは難しいはずです。

人によってこの時点で禁煙をあきらめてしまいます。

◎禁煙を始めて24時間(1日目)後

心臓発作のリスクが減り、肺がキレイになり始めます。血液中の一酸化炭素濃度が正常値に戻ります。せっかくここまで禁煙したのに、寝起きや食後の一服など習慣化した喫煙行動により、禁煙できなくなることもしばしば。

禁煙から24時間経つころから、離脱症状がもっとも辛くなる期間が始まります。

◎禁煙を始めて48時間(2日目)後

タバコによってうまく機能していなかった嗅覚や味覚、胃などが正常化を始めます。(臭いや味がはっきりとわかるようになり、ご飯がとても美味しく感じるようになります。)

つい食べ過ぎてしまうと体重計に乗るのが怖くなるので、注意が必要です。

ご飯が美味しくなることを利用して、離脱症状を紛らわすためにやけ食いするという方法も存在します。

後々を考えるとあまりお勧めできませんが、禁煙を成功させるための手段として、あなたが必要だと思ったときは迷いなく行いましょう。

◎禁煙から3日

ニコチンが体内から完全に抜けきります。

気管支が緩み、呼吸が楽になり、肺活量や気管支の機能が回復し、運動機能が大きく回復しています。ランニングなどの軽い運動をしてみれば、禁煙の効果をはっきり実感できます。

3日目を過ぎてからの1週間、長めの人では2週間程度、離脱症状に悩まされる方もいます。ですが、この離脱症状を乗り切れば、タバコを吸いたい欲求とお別れすることができます。明るい未来のために、離脱症状を乗り切りましょう。

◎禁煙を始めて1週間後

ニコチンによって低下していた睡眠の質が改善を始めます。

アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質の機能が正常化し、質の高い睡眠をとれるようになってきます。(離脱症状の昼間にくる急な睡魔や目覚めの悪さ、睡眠不足に悩まされている方はこの頃から改善を実感できるでしょう。)

◎禁煙から2~3週間

循環器機能が良くなり、歩くのが楽になる。肺の機能は30%も良くなります。体全体の血液の流れが改善し、お肌にハリとツヤが戻ってきます。(流が改善されたことで、肌に栄養や酸素が行き渡るようになり、肌のターンオーバー(肌が新しく生まれ変わる周期)が正常化することで、肌にハリとツヤが戻ってきます。)

その他にも毛穴の大きさが改善されたり、化粧ノリも良くなってきます。

遅い人では実感ができるまでに、1ヵ月ほどかかる時もあるので、2週間で実感がわかなくても、落ち着いて待ちましょう。

◎禁煙から1~9ヵ月

離脱症状が軽減し、日常生活がとても送りやすくなります。せき、疲労感、けんたい感、息切れが減ります。肺の細胞が修復されキレイになり、細菌感染が減る。そして、体中からエネルギーがみなぎってきます。

かぜやインフルエンザなどに始まり、心筋梗塞、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気のリスクが減少し、ここまでくれば禁煙の第一段階が成功と言えます。

ですが、禁煙することに慣れて気を抜いてしまい「1本ぐらいなら…」といって、今までの努力を水の泡にしやすい時期でもあります。

ここからはふっと来る喫煙したい衝動を乗り越え、喫煙の誘惑に耐えなければいけません。

禁煙の真の戦いが始まるのはここからと言ってもいいでしょう。

◎禁煙から5年以内

肺がんで死亡するリスクが半分に減ります。その他にも、虚血性心疾患や脳硬塞などの病気のリスクが減少します。

◎禁煙から10年以内

肺がんの死亡リスクが非喫煙者と同程度になります。その他のがんの発症率の低下も確認されています。

やはり健康に関して言えば禁煙は間違いなく効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です